データ損失防止ポリシー違反について

SysCloud上部メニュー「データ損失防止」-「ポリシー違反」を選択すると、設定したポリシー違反内容を確認することが可能です。本画面ではすべてのポリシーに対する違反リストが表示されますので、「フィルタを追加」から絞り込むことで違反内容を確認しやすくなります。

※各ポリシーごとに違反内容を確認したい場合は、ポリシー一覧画面から「違反」を選択した方が確認しやすいです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-12_22_33_16

ポリシー違反画面ではどういった内容で違反が行われたのかを確認することが出来ます。
しきい値は、違反個数によって「Law」、「Middle」、「High」と表示されます。

①.違反詳細の確認
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-12_22_54_38_1
ドキュメント名のリンクをクリックすると違反内容の詳細について確認することが可能です。左の図は「社外秘」と記載されたドキュメントを外部と共有したことで自動的に暗号化され、共有差し戻しが行われたサンプル内容となります。(拡大表示をしてご確認ください)

「アクション」ボタンから共有除去などのコントロールを行うことが可能です。「ドキュメントのプレビュー」をクリックするとファイルの内容を確認することが可能です。

②.共有者の確認
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-12_23_11_01
「協力者」の項目の数字は、共有人数を表します。数字をクリックすると誰と共有されているのかを確認することが出来ます。前述の違反詳細でも確認が可能です。
③.違反に対するアクション
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-12-23-21-58
ポリシー違反に対して違反解除から外部共有の解除、オーナーの変更、暗号化および暗号化の解除などコントロールを行うことが可能です。

コントロールを行った結果は「セットアップ」-「レポート」-「アクションレポート」で確認出来ます。

オンラインマニュアル
PAGE TOP