DLPポリシー制定・違反メッセージ編集について

SysCloudでは、データ損失防止・コンプライアンス・アプリファイアウォールのポリシー設定に対してユーザー側の違反が発見された場合に自動送信されるメッセージ(メール)を編集することが可能です。

SysCloud上部メニュー「ツール」-「メッセージング」を選択し、現在設定されていメッセージ一覧を表示します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-19_10_42_57

メッセージの編集作業を行う前に、事前にポリシーの設定作業を行う必要がございます。ポリシー作成直後は「ポリシー名」が反映されず「 – 」と表示されますので、その際は時間を置いてからご確認下さい。

2種類のメッセージテンプレート名

SysCloudにはポリシー設定に関して、ポリシーが制定されたことを通知する「データ漏えい防止(DLP)ポリシーアナウンス」と違反があった場合に通知される「ポリシー違反アラート」の2種類のテンプレートが用意されており、新しいポリシーが作成されるとそれぞれのメッセージテンプレートに紐付けされる仕様となっております。

初期値のメール内容について
ポリシー制定時の通知メール本文

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-19_11_11_56

ポリシー違反時の警告メール本文

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-19_11_12_31_1

新しいテンプレートを作成

本画面に右上に表示される「+新しいテンプレートを作成」は、ポリシー制定時や違反時などのメッセージテンプレートでは無く、業務上定期的にユーザーへ送信するメールなどのテンプレートを作成する際に利用します。

例)サーバーのメンテナンスメールや社内インフラに関わる業務連絡的なメールなど

違反メッセージの編集作業について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-19_10_58_13

編集したいポリシーの右側にある「アクション」の鉛筆マークをクリックして編集画面を表示します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-19_10_35_45

本メールでは、ポリシー違反となっている内容や例外申請を行うための方法、問い合わせ先などを記載するようにして下さい。

編集が完了しましたら、「試写」ボタンをクリックしてプレビューを確認して下さい。
内容に問題が無いことを確認し、「保存」ボタンで完了となります。

オンラインマニュアル
PAGE TOP