バックアップ詳細設定について

本ページではSysCloudバックアップの詳細設定について解説致します。

getstarted_aspx_0

バックアップ設定について

本設定画面では、全体的に統一させたバックアップ設定を行う事が可能です。(ユーザー単位で設定する場合はユーザの管理をご覧下さい)

ドメインの選択

backupsettings_aspx

はじめにバックアップの設定を行いたいドメインを選択します。セカンダリドメインを設定している場合は、「ドメインを選択」の「▼」から選択する事が可能になります。初期値ではプライマリドメインが表示されます。

Google Appsサービスの選択

backupsettings-aspx

バックアップ対象とするGoogle Appsのサービスを選択します。バックアップが不要なサービスについてはボタンをクリックして「オフ」に切り替えます。

ユーザ&ライセンスの設定

backupsettings-aspx

■ 新しいドメインユーザを追加

「オン」にした場合は、SysCloudがドメイン内のバックアップ非対象となっている新規ユーザを認識した際に、自動的にバックアップ対象ユーザとします。

■ 必要なライセンスの購入

「オン」にした場合、ご契約ライセンス数以上のユーザーが登録された際に自動的にライセンスを購入します。(日本国内では非対応の機能となります)

※通常は、上記どちらも「オフ」に設定してください。

データの設定

backupsettings-aspx

■ バックアップLiteの

「メール」「ドライブ」「カレンダー」それぞれのサービスについて、ゴミ箱に移ったデータもバックアップ対象とするかどうかを設定します。

■ E-mailフォルダを含めます

メールの「ゴミ箱」や「迷惑メールフォルダ」に移動されたメールもバックアップ対象とするかどうかを設定します。

■ ドキュメント修正回数

ドキュメントの世代管理設定を行います。(1回〜無制限)SysCloudはドキュメントの更新日時を参照し、以前バックアップされたファイルよりも新しい日時となっている場合に最新のデータをバックアップします。(SysCloudがバックアップを行うタイミングの版をバックアップしますので、その間の修正履歴等はバックアップされません)

■ アーカイブの可視性

「オン」に設定した場合、バックアップしたデータの中身を管理者が閲覧することが可能になります。システム管理者でも社内情報を閲覧する事を禁止されている場合は「オフ」にすることでメタデータのみの確認に限定されます。可視性をオフにした場合は、管理者は下の様にメールタイトルやファイル名などは確認が可能ですが、メール本文やファイルの中身を閲覧する事は不可となります。

archiveservices_aspx_tab1
archiveservices_aspx_tab1_1
■ ドライブバックアップ

ユーザー所有のファイルかドライブ全体のファイルを対象にするか選択します。通常は「ユーザー所有のファイル」に設定する事を推奨しております。

ストレージ&保存期間の設定

backupsettings-aspx

「ストレージ使用制限」

SysCloud上で利用する1ユーザーあたりの容量を設定します。(MB、GB、TB単位での設定もしくは、制限なし)

「Eメール保存期間」

メールデータの保存期間を設定します。(日、月、年単位もしくは、制限なし)

「ドキュメント保存期間」

最終更新日を基準日としてドキュメントの保存期間を設定します。(日、月、年単位もしくは、制限なし)

「カレンダー保存期間」

イベント日時を基準日としてカレンダーデータの保存期間を設定します。(日、月、年単位もしくは、制限なし)

セルフサービスの設定

backupsettings-aspx

「エンドユーザアクセス権付与」

ユーザー側でSysCloud上のバックアップデータを閲覧およびリストアできる権限を付与するかどうかを設定します。この権限をユーザーに付与する事により、誤消去等による情報システム部門への不可は軽減されます。管理者はリストア先のユーザを指定する事が可能ですが、ユーザ側はリストア先は自分自身のみに限定されています。

「エクスポート・ダウンロード権付与」

ユーザー側でデータをエクスポートもしくはダウンロードできる権限を付与するかどうかを設定します。

※企業ポリシー上、ユーザ側へ一切の操作をさせたくない、させられないといった場合は上記の項目は「オフ」に設定して下さい。

管理者のEメールアドレスの設定

backupsettings-aspx

Google Apps for Work/Educationのプライマリドメイン管理者のメールアドレスを入力します。SysCloudからのメール送信先として利用されます。

設定を反映させる範囲を決めます

backupsettings-aspx

「Overwrite to User Settings」

上記で設定した内容をSysCloudに登録されている全ユーザに対して反映させます。

「Overwrite to Org Unit Settings」

上記で設定した内容を組織ユニットに所属する全ユーザに対して反映させます。

「Overwrite to Non Org Unit User Settings」

上記で設定した内容を組織ユニットに所属していないユーザに対して反映させます。

※ユーザ単位、グループ単位など個別で設定を行っている場合、この操作を行う事で対象のユーザが同じ設定に変更されますのでご注意下さい。

設定が完了しましたら「設定を保存」ボタンをクリックして設定内容を反映させます。

ドメインの管理について

managedomains_aspx

ドメイン管理では、SysCloudでバックアップを行っている対象のドメインの状況やバックアップ対象とするドメインの追加作業などが行えます。表示されているドメインは、既にバックアップ設定を行っているドメインが表示され、全ユーザー数のうち何名がバックアップ登録がされ、何名がバックアップ非対象となっているのかが確認できます。

「未保護ユーザ(バックアップ未登録ユーザ)」がいる場合には、バックアップの初期設定方法について(ユーザー選択〜バックアップ開始)の手順にてバックアップのユーザー登録を行います。

managedomains_aspx_3

①.ダッシュボード

ダッシュボード画面へ移動し、バックアップされている詳細情報を確認します。

②.ドメイン同期

Google AppsのユーザリストをSysCloudと同期します。同期されたデータは「バックアップ」-「バックアップ開始」画面で確認をする事ができます。

③.設定

バックアップの詳細設定画面へ移動します。

④.消去

対象ドメインをSysCloudから削除し、過去にバックアップされたデータも削除されます。SysCloudを完全に削除したい場合は、Google Appsの管理画面、「アプリ」-「Marketplaceアプリ」にて「SysCloud Backup DLP Compliance」を削除して下さい。

バックアップ対象とするドメインを追加する

adddomain_aspx

SysCloudの「設定」-「ドメインの管理」から、「+ドメインを追加」で新しくバックアップ対象とするドメインを追加する事が可能になります。

SysCloudの一つのアカウントで複数のプライマリドメインを管理する事も可能です。グループ会社などのGoogle Appsを管理する場合に便利な機能です。

ドメインタイプ、セカンダリドメイン名、プライマリドメイン名、プライマリドメイン管理者のメールアドレスを入力し、ドメインを追加します。

※ドメイン追加に進む前に他のGoogleアカウントからログアウトした状態で登録するようにして下さい。

ユーザの管理について

manageusers_aspx

「ユーザの管理」画面では、各ユーザごとおよび組織ユニット単位でのバックアップ状況の確認や設定変更等の作業が可能です。
「保護済」「未保護(バックアップ未登録ユーザ)」のユーザごとにフィルタをかけられますので、「未保護」のユーザがいる場合には、バックアップの初期設定方法について(ユーザー選択〜バックアップ開始)の手順にてバックアップのユーザー登録を行います。

ユーザ名のリンクをクリックするとバックアップされているメールやドライブ等の内容を確認する事ができ、リストアやエクスポート作業を行えます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_09_26_37

スケジュール

「アクティブ」を選択すればバックアップを実行し、「無効に」を選択すればバックアップは行われません。ユーザが退職している場合などに「無効に」設定します。無効にしても過去のデータは保存されたままになります。

①.プロファイル

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_09_34_11

プロファイル画面ではユーザの各サービスごとのバックアップ状況(データ容量やアイテム数、最終バックアップ日)を確認する事ができます。

②.設定

ユーザ単位でバックアップの設定を行えます。設定方法については「バックアップ設定をご覧下さい。

③.消去

対象ユーザをSysCloudから削除し、過去にバックアップされたデータも削除されます。

④.直ちにバックアップ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_09_43_16

通常SysCloud側で自動的に1日1回(ユーザ側でのスケジュール設定は不可)、差分がある場合にバックアップを実行しますが、現時点でのデータをバックアップしたい場合に「直ちにバックアップ」を実行します。直ちにバックアップを実行すると、SysCloud側にバックアップのキューが要求され、リクエストが処理され次第バックアップ処理が始まります。

グループの管理について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_10_00_27
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_10_00_41

グループの管理では、グループメンバーの確認やグループ単位でバックアップを行っているデータのリストア作業が可能です。

対象期間の設定について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_13_09_04

本設定画面では、各ユーザごとにバックアップ対象期間を設定する事が可能になります。(「ユーザの管理」-「設定」で行う「ストレージ&保存期間」の項目と同じとなります)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_13_09_43
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-09-15_13_10_30

ドメイン全体に設定している内容よりも各ユーザごとに設定した内容の方が優先されてバックアップされます。

オンラインマニュアル
PAGE TOP