Google AppsからG Suiteへサービス名が一新されたようです。

2016年9月30日にGoogle Appsより送信されてきたメールのキャプチャです。
今後はGoogle Appsではなく「G Suite」という名称に変更されるようですね。(Google Cloudの公式ブログを見ると「G Suite」に一新しましたと表現されているので、Googleさん的には既に名称が変わっているようです)

今のところGoogle Apps for Workの管理画面を見ても変更はされておらず、Gmailやスケジュールアプリなどもなんら今までと変わっていない感じですが、メールを見ると「今後数週間内に、管理コンソール、ヘルプセンター、請求書などに新しいサービス名とロゴが表示されるようになります」と記載されていますので、おそらく今月中にはインターフェイスがガラッと変わっていくんでしょうね。

ちなみに主なサービス名称は以下の様に名称変更されています。

従来の名称 新名称
Google Apps for Work G Suite Basic
Google Apps Unlimited for Work G Suite Business
Google Apps for Education G Suite for Education
Google Apps Vault Google Vault

※詳細はGoogleの公式サイト「G Suite管理者ヘルプ」をご覧下さい。

先日開催されたGoogle Appsユーザー会 第32回 Members Talk(東京)に参加してきましたが、その時にはそんなアナウンスは一切無かったのですが・・・

おそらくユーザー会で発表されていた新機能(CONFIDENTIAL情報って事で伏せておきます)がG Suiteに切り替わるタイミングで搭載されていくんでしょうね。

常に革新し続けているGoogleではありますが、突然インターフェイスが変わったりするので、ちょっとユーザー側としては戸惑ったりもしちゃいます。

関連記事

  1. 第32回 Members Talk(東京)参加レポート
  2. AtmosphereTOKYO2016レポート Google Atomosphere TOKYO 2016 EV…
PAGE TOP