バックアップ&リストア

G Suite に最適化されたバックアップソリューション

SysCloudのバックアップ&リストア機能は、G Suite(Google Apps for Work/Education)に最適化されたクラウドサービスです。Gmail(メール)やドキュメント、サイトなどのデータをドメイン全体はもちろんのことグループやユーザー単位などを指定してバックアップを取ることが可能です。組織内のデータ損失が起こったとしても、「ファイル単位」「フォルダ単位」、またはアカウント単位でArchiveをリストアし、該当データを元に戻すことが出来ます。

バックアップ可能データ

GoogleAppsバックアップ可能アプリ

・Gmail(メール) ・Googleドライブ ・カレンダー ・サイト ・連絡先

管理者の負荷を軽減するバックアップ設定

G Suiteのデータ保護(バックアップ)

G Suite(Google Apps for Work/Education)上のデータをバックアップし、安全にアーカイブを保存します。(世代管理も可)アーカイブデータは権限のあるユーザーのみにアクセスを許可することも可能です。また、検索機能を使用してアーカイブ内の情報を検出することも可能です。

管理者に負荷のかからない復元(リストア)機能

SysCloudで保護されたデータは、メール単位・フォルダ単位など指定したデータだけを元のデータ構造と権限をそのまま引き継いだまま、Google Apps for Work/Educationにリストアすることが可能です。(異なるユーザー間でのリストアも可)ユーザー側でセルフ管理(リストア)のアクセス権設定も可能ですので、ユーザーの操作ミスなどによる誤消去が発生した場合に管理者へ依頼をせずともユーザー自身でデータの復元を行えます。

退職者のバックアップデータは継続して保存可能

G Suite(Google Apps for Work/Education) では、退職したユーザーアカウントを削除すると全データの復元は不可能な 状態となりますが、SysCloudではG Suite上でアカウントを削除したとしてもSysCloud上に全データのアーカイブをいつまででも安全に保存しておくことが可能です。


退職者のメールデータ、ドキュメントデータなどは必要に応じていつでも内容確認、復元が可能ですので、無駄なライセンス費用を払わずにランニングコストを抑えられます。

管理画面でデータの保護状態を一目で確認

SysCloudの管理画面上では、ドメイン内のバックアップ状況やユーザーごとの保護状態を確認することが可能です。また、「アクティビティレポート」「リストアレポート」「エクスポートレポート」「グループリストア」「ユーザサマリ」「ドメインサマリ」「ステータスレポート」といった詳細なレポート出力機能も搭載しております。

社内のデータを保護するためにまずは無料体験版をお試しください。

SysCloudの無料体験版に申し込む

PAGE TOP