Appsファイアウォール

アプリから生じるリスクをユーザー単位で制御

G Suite(Google Apps for Work)には便利なアプリケーションやプラグインを、ユーザがインストールできるマーケットプレイスが用意されています。これらのアプリケーションやプラグインは便利な反面、多くの重要情報にアクセスできる権限が付与されている場合もあり、社内の情報システム部門(IT管理者)が防御するのは困難な状況になっています。

G Suiteの管理画面上ではこのサードパーティ製のアプリ制御を行えますが、ドメイン・組織単位でしか設定が行えません。SysCloudのAppsファイアウォール機能を利用することでドメイン全体、グループ、組織単位での設定はもちろんのことユーザー単位でアプリの制御を実現させ、疑わしいアプリケーションから社内データを保護することが可能になります。

Googleドライブへのデータアクセス許可を抹消

SysCloudファイアウォール機能では、既にユーザーがインストールしたサードパーティ製アプリを自動検出。管理者は、サードパーティ製アプリがユーザーのGoogleドライブへのデータアクセス許可を簡単に抹消することが可能になります。

社内のデータを保護するためにまずは無料体験版をお試しください。

SysCloudの無料体験版に申し込む

PAGE TOP